タイトル通り、不定期更新のブログです。 気が向いたとき、更新すると思います。 内容としては、オンラインゲーム「トリックスター」「ラテール」などを中心とさせて頂いております。(時々日常のことなども書くかもです)

れあちーのきまぐれにっき

.

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒狼観察日誌始めました(ぁ

  1. 2008/11/10(月) 21:43:58|
  2. 黒狼観察日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
|д・) ソォーッ…最近、まともにブログを書いていないれあちーですよ(ぁ



SSばっかで、ネタが全くない事に気がつきましたー(ノд`@)アイター



どうしようかなーと思ってた矢先に、ネタが舞い込みましたよっと(ぁ





新しくサブを大量に増やしたので、サブ倉庫ぎるどを作りました。




元々、カードワースというフリーゲームソフトで使っていたオリジナルキャラ達をラテ版で作ってみたとですよ。




※Card Wirthについて



Card Wirthとは、GroupASK さんの作成されたTRPGとカードゲームの融合したシナリオ追加型RPGです。


シナリオを自分で選び、作成する事も可能。とても魅力あるRPGです。


キャラクターを自分で決めて、色んな方々が作ったシナリオをこなしていくと、自分のキャラにすごく愛着を持てるオフラインのゲームです。



興味を持たれた方は是非こちらを Group Ask Web Site



オフィシャルファンサイトの方が詳しく載っていますので、よければ こちら もご覧下さい。





まぁ、そちらのゲームで使っていた冒険者6人を、新たにラテに参戦させたのですよ。



その中の一人からレポートが提出されたので、UPしてやります(ぁ




(以下、キャラ口調でお送りします)






ラン





ラン:あー……いきなり、何やらリーダー命令とかで、レポートを書かされる羽目になった黒狼の牙というチームの副リーダー、ランだ。






管理者、れあちーから説明があったとは思うが、俺達は貿易都市リューン(カードワースの舞台)という街で冒険者という、まぁ、平たく言えば何でも屋だな。そういう仕事をして、生計を立てていた冒険者チームだ。






それがある日、ひょんな事から、俺とリオ……あー、うちのリーダーだが、いきなりこの世界に召喚されてしまって、帰れなくなってしまったらしい。








仕方ないので、俺とリオは元の世界に戻る為の方法を探しながら、このジエンディア大陸を冒険していたのだが……何の前触れもなく、他の仲間達までこの世界にきてしまったらしい。









……と、まぁ、俺達の現在の状況はこんな感じか。








中立ぎるど






ラン:へぇ、ここが中立のギルドルームか。混沌のギルドルームより、なんか和やかな雰囲気だな。






はぁ……しかし、レポートって言ったって、何書けば良いんだか。こういうのは、俺にやらせるんじゃなくて、







頭のいいノールや、レナにやらせればいいんだよ。








呼びました?






ノール:呼びました?ラン






ラン:ぎゃぁぁぁぁぁっ!!







ノール:何ですか、そんな大声を出して。






ラン:お前、いきなり音もなく背後に現れるなよっ!






ノール:気配も読めないとは、鈍りましたね、ラン。





ラン:……気配消して、近づくなよ……






ノール:冒険者たるもの、いつ何時も油断してはいけないのですよ。……で、何かお悩みのようですが、どうしたのですか?







ラン:いあ、リオにいきなりレポート書いて提出しろって言われたんだけどさ。何書いて良いのかさっぱりで。






ノール:なるほど、そういう事でしたか。なら、話は簡単ですよ。







ラン:ん?何かいい案でもあるのか?ノール。







ノール:今回が我が黒狼の牙の日誌第一号という事は、まずは皆さんに私たちを紹介する事から始めないといけませんね。







ラン:あ、そっか。その手があったか。






ノール:どうせ、ランの事だから、まだ誰も紹介してないのでしょう?






ラン:ぎくっ








ノール:やっぱり。……私の事も紹介していませんね?







ノール





ノール:私はノール・イスカ・アルグレイト。この黒狼の牙の参謀を務めさせて頂いています。元々は吟遊詩人をしていたのですが、どうやらこの世界は能力が制限されてしまうらしく、今はただのしがない魔術師です。でも、力を蓄えれば、どうやら私もこちらの世界でも歌を歌う事が出来るようですので、修行に励んでおります。







ラン:俺達の中で一番の切れ者なんだ。時々、すごく鬼のような策を練るんで、みんなからは鬼参謀と呼ばれて………






ノール:ほお、皆さん、私の事をその様に呼んでいらっしゃるのですか(にっこり)






ラン:あ、しまった、口がすべった……




な、何でもない、何でもないよ、ノールさん(((((°°;)








何でもないっ







ノール:……まぁ、いいでしょう。その話はあとでじっくりと……







ラン:……(((((°°;)









ノール:力が封じられているといえば、貴方もでしたね、ラン。元々、二刀使いだったのに、こちらではまだ使えないそうで。







ラン:そうなんだよ。こっちの世界に来た途端、こんなでっかい剣しか使えなくて、色々不便だな。まぁ、俺も修行すればまた二刀に戻れるみたいだし、師匠が教えてくれた二刀術とは違うけど、早く二刀使いになりたいよ。








ノール:まぁ、それは追々ですよ。……さて、どんどん他の方達も紹介しますよ、ラン。






ラン:……えっと、次は……







リオ






ラン:さっき、話に出てきた俺達のリーダー。リオ・ツヴァイ・アレキサンドr……(がちんっ)






痛ぅぅぅ、舌噛んだ……(´A`。)グスン








ノール:ああ、ラン、大丈夫ですか?彼の名前は言いづらいですからね。







ラン:長すぎるんだよ、あいつの名前っ!!もういい、あんな奴、しらねぇっ!






ノール:……ああ、はしょられてしまいましたね……哀れですね、リオ……







ラン:まぁ、リオは俺と一番古くから一緒に冒険者やってる仲間で、俺達のリーダーだ。一応あいつも魔術士だな。こっちの世界では回復魔法も使えてるみたいだけど、昔は壊滅的に駄目だったな。あいつ。発動失敗とか、よくやらかしたしな。







ノール:まぁ、人間、向き不向きがありますから。






ラン:そういう問題か?……まぁ、いいや。次は、えっと。







ルキア





ノール:この獣耳少年はルキア・イニス。手先が器用ですばしっこくて、盗賊職を専門としています。彼の解錠さばきは見事なもので、いつも私たちの道を切り開いてくれていましたね。







ラン:そうだな。こいつのおかげで、何度も罠を避けられたし、色々助けられてるな。






ノール:私たちの中で、一番子供らしい子供ですね、ルキアは。






ラン:もう一人、ルキアと同い年の子供がいるけど、明らかに同じ年齢には見えないよな。







レナ





ラン:これがもう一人の子供だ。彼はレナ・ユール・アインス・ノヴァ。魔力的感覚に優れている大人びすぎた奴だ。こっちの世界でも、火魔法が得意みたいだな。







ノール:そうですね、彼は火属性と相性がいいみたいですし。でも、短剣とも相性がいいみたいですから、流石は騎士家の次男坊、といった所ですね。








レオ







ラン:最後の一人は、俺と同じく戦士系のレオリア・ノース・カルノイアだ。ホントは俺と同じく、剣の方が相性いいはずなのに、こっちの世界にきたら、何を血迷ったのか、槍なんて持ち出したよ。








ノール:槍の方が面白そうだったから、だそうですよ。全く、彼の行動は奇抜すぎます。








ラン:……えっと、これで全員紹介したか?








ノール:そうですね。一応全員、紹介し終わりましたね。






ラン:まぁ、そんな感じの面々でと言う事で、そろそろレポート終わりにしていいのかな?







ノール:そうですねぇ。……そういえば、ラン。さっきからずっと気になってたんですが……






ラン:何だ?








ノール:生足がとても眩しいですよ、ラン。









ラン:ガ━━(´・д・`|||●)━━ン








ノール:まさか、こっちの世界では、そんな半ズボンなんて可愛らしい格好になっているなんて……(くすくすくす)







ラン:ちがっ、断じて、俺の趣味じゃないからなっ!!俺の中の人が、勝手にっ!!









ノール:はいはい、わかりましたから、そんなムキになって否定しないで下さい(くすくす)









ラン:ぜ、絶対、わかってないだろ、お前っ!!俺は、こんな少年ルックなんて、趣味じゃないんだからなっ!!ヾ(`Д´*)ノ








半ズボンだよヾ(`Д´*)ノ









黒狼観察日誌 第一号 完



スポンサーサイト

<<黒狼日誌第二回 ごぶりんはやっぱり緑なんだね | BLOG TOP | 心無き人形が奏でる狂想曲 後編>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。